ナルト 暗部 ミナト 小説

Feby 8, 2020
ナルト 暗部 ミナト 小説

ナルト 暗部 ミナト 小説

 · 波風ミナトがイラスト付きでわかる! 波風ミナトとは、漫画「NARUTO」の登場人物。 息子のためなら死んだっていい…それは父親でもできる役目だ… ん!プロフィールだよ! |^誕生日|1月25日(中の人と一日違い)| |^星座|みずがめ座| |^血液型|B型| |^身長|179.2cm| |^体重|66.1kg| |^好きな食べ物|妻 …

「暗部なら、このくらい当たり前だろ?」 「・・・まぁ、のぅ。」 ナルトは三代目の感嘆を、さらりとかわし…さして面白くなさそうに三代目を見た。 三代目はそれに苦笑を浮かべたまま小さく頷いた。 「ナルト…お前が申し出た暗部のことだが暗部側の ...

むろん、 三代目火影 (ヒルゼン) や 四代目火影 (ミナト) の弟子であるカカシ、ナルトの名付け親でもある自来也ではない。 その保護者と言うのは、意外にも、ヒルゼン直属の暗部に所属する少年であった。 名は葛葉ハルト。

ナルトは確かに、波風ミナトの血を受け継いでいる。 「先生?」 「っと、すまん。それじゃあ次」 自己紹介が終わったというのに黙りこくったままだったカカシの顔を不思議そうにのぞきこんでくるナルトをあしらいながら、次の子へと促す。

ちなみにナルトは原作と違い、髪の毛は幼少のミナトみたいに伸びている. 後九尾を封印していると知ってるのは木ノ葉の上層部だけ。 何故ならセツナが3歳の時暗部に入る時に言ったからだ。 「火影様、ナルトに九尾を封印しているのは

第四次忍界大戦と月落下事件から数十年、忍の世界が平和の先駆けたる七代目火影、うずまきナルトを失ってから数年。 彼の相方であった九尾――九喇嘛は、突如現れた六道仙人の術により、過去へと飛ん …

ナルト 暗部 ミナト 小説