うどんの国の金色毛鞠 漫画 完結 ネタバレ

Feby 8, 2020
うどんの国の金色毛鞠 漫画 完結 ネタバレ

うどんの国の金色毛鞠 漫画 完結 ネタバレ

『うどんの国の金色毛鞠』(うどんのくにのきんいろけまり)は、篠丸のどかによる日本の漫画。『月刊コミック@バンチ』(新潮社)にて2012年8月号 から2018年5月号まで連載 したのち、同社のWEBコミックサイト『くらげバンチ』に移籍して2018年4月6日から2019年2月15日まで連載され、同年10月25日に『くらげバンチ』において完結編となる番外編「八栗」が掲載された (単行本には未掲載)。

うどんの国の金色毛鞠 1巻|俵宗太は、東京在住のウェブデザイナー。故郷に帰った彼が実家のうどん屋で見つけたのは、釜の中で眠りこける不思議な子どもだった。実はその子には他の人には言えない秘密があって!? ゆったりと時間が流れる“うどんの国”を舞台に、ちょっと不器用な ...

ポコと宗太のほのぼのとした生活を描く漫画『うどんの国の金色毛鞠』(新潮社)は、篠丸のどか先生による作品です。化けダヌキのポコがすごく可愛い!あらすじとネタバレ!読んだ感想も参考に!

うどんの国の金色毛鞠(バンチコミックス)(篠丸のどか,マンガ,新潮社,電子書籍)- 俵宗太は、東京在住のウェブデザイナー。故郷に帰った彼が実家のうどん屋で見つけたのは、釜の中で眠りこける不思議な子どもだった。実はその子には他の人には言えない秘密が…

漫画『うどんの国の金色毛鞠』が無料で読める! 10巻までの見所を全巻ネタバレ紹介 ふわふわの化けダヌキのポコと、四国に実家があるウェブデザイナー宗太のあたたかな日々を描いた『うどんの国の金色毛鞠 …

そんな「うどんの国の金色毛鞠」が全12巻で完結。 最終回は1巻からは想像もできないほど切なく、温かいラストになっていて「ぜひ大勢の人に読んでほしい!」と思う良作でした。 今回は最終12巻のあらすじと、原作ファンの感想をご紹介します。

うどんの国の金色毛毬 8巻読みました。 あらすじとしては うどんの国(国ではなく香川)のソータが うどんを作っていた父亡きあと、 香川で タヌキで化けられるポ

【無料試し読みあり】「うどんの国の金色毛鞠 12巻(完)」(篠丸のどか)のユーザーレビュー・感想ページです。ネタバレを含みますのでご注意ください。

cmでおなじみ、めちゃコミック!あらすじ:俵宗太は、東京在住のウェブデザイナー。故郷に帰った彼が実家のうどん屋で見つけたのは、釜の中で眠りこける不思議な子どもだった。実はその子には他の人には言えない秘密があって!? ゆったりと時間が流れる“うどんの国”を舞台に、ちょっと ...

うどんの国の金色毛鞠 漫画 完結 ネタバレ